→TOP 

前のページに戻る

【2004年度 研究例会 講演会】

続きは下へ

 

 

開催日

例会

発表者/題目 または 講演/題目


2004年4月24日

4月例会

・大形 徹(客員フェロー・大阪府立大学大学院人間文化研究科教授)
「門口に見る安心と安全―中国の門飾を通して」
・余語真夫(本研究センター研究員)
「トラウマ体験の抑制・告白と心身健康」


2004522

5月例会 ・三宅康之(客員フェロー・愛知県立大学外国語学部助教授)
「中国の社会保障制度改革―「養老」問題の視点から―」
・橋本 卓(本研究センター研究員)
「タイにおける地方分権化の是非」

2004年6月26日

6月例会 ・庭田茂吉(本研究センター研究員)
「ヒューマンセキュリティ・サイエンスの課題と方法」
・アンヌ・ゴノン(本研究センター研究員)
「安全に関する政治・社会学的な考察―研究プログラムを考えるために―」

2004724

7月例会 ・岡本民夫(本研究センター研究員)
「社会福祉研究方法論の課題」
・山田裕子(本研究センター研究員)
「老年学:From global simplicity to local complexity?」

2004917

講演会(於:社団法人 中央電気倶楽部,大阪市北区堂島浜)

  ・加地伸行(本研究センター研究員)
「日本人の(安心・安全)について―企業はどのように構築するか」

2004925

9月例会

・東 宏治(本研究センター研究員)
「「レベル」の整理?―学際研究のために―」
・石黒武彦(本研究センター研究員)
「知の競争とヒューマンセキュリティ」


2004年11月20日

 

11月例会

・服部 伸(本研究センター研究員)
「19世紀末ドイツにおける反種痘運動から見えるもの―歴史学から見た近代医学の成功と失敗―」
・長妻 三佐雄(嘱託研究員)
「政教社ナショナリズムの可能性と問題点」


2004年11月24日

講演会 安心安全学研究振興会主催講演会(於:京都商工会議所)

  ・加地伸行(本研究センター研究員)
「日本人の安心・安全(企業はどのように考えるべきか)」

2005122

 

1月例会

 
・石原孝二(北海道大学大学院文学研究科倫理学講座助教授)
「リスク評価の哲学と倫理学」
・石黒武彦(本研究センター研究員)
「知の競争とヒューマンセキュリティ」

2005226

 

2月例会

・井関涼子(同志社大学法学部助教授)
「医療と特許」
・須沢かおり(ノートルダム清心女子大学文学部助教授)
「霊性とヒューマンセキュリティ」


2005年3月26日

 

3月例会

 

・森田美芽(嘱託研究員)
「女性の視点から見たヒューマン・セキュリティと女性観の問題」
・高野頌(本研究センター研究員)
「安心・安全な社会におけるペットボトル・リサイクルシステムの新展開」