→TOP 

前のページに戻る

2005年度 研究例会 講演会】

続きは下へ

 

 

開催日

例会

発表者/題目 または 講演/題目


2005年4月23日

4月例会 ・冨田恭彦(客員フェロー・京都大学人間環境学研究科・教授)
「真理の絶対主義とヒューマン・セキュリティ」
・余語真夫(本研究センター研究員)
「トラウマ体験の抑制・告白と心身健康」

2005年5月28日

5月例会 ・柿本佳美(嘱託研究員)
「『身体』とはどのような存在か?―選択的中絶から見るフランス生命倫理」
 

2005年6月25日

6月例会「尼崎脱線事故とヒューマンセキュリティ問題群」

  ・石黒武彦(本研究センター研究員)
「重大鉄道事故としての尼崎脱線事故」
・塩沢由典(客員フェロー・大阪市立大学大学院創造都市研究科教授)
「ヒューマンファクターの観点から見えるもの」

2005年7月30日

7月例会 ・沼田千恵(嘱託研究員)
「個人と集団―サルトル集団論におけるテロルの問題」
・針宮明美(嘱託研究員)
「森有正の『経験』思想の現代的射程」

2005年10月29日

10月例会 ・真鍋正宏(本研究センター研究員)
「文学にできること―想像力の活性化と事前対応」

2005年11月19日

11月例会 ・水野友晴(京都大学文学部非常勤講師)
「西田哲学が語る『国際貢献』―『日本文化の問題』を中心に」

2005年12月17日

12月例会 ・高野頌(本研究センター研究員)
「安心・安全社会におけるアスベスト粉塵の問題」
・中川要之助(同志社大学理工学研究所助教授)
「地震に安全な造成住宅」

2006年1月28日

2006年1月28日 ・新山陽子(客員フェロー・京都大学大学院農学研究科教授)
「食品由来のリスク管理とは―リスクアナリシスとBSE対策措置」